理事長ブログ

2014年度山形ブロック会員大会長井大会

9月22日、村山市で行われました第7回会員会議所会議において、
2014年度山形ブロック会員大会長井大会が正式に決定いたしました!

今年は新庄の地で開催され、より県民に開かれた大会になりましたが、
来年の寒河江、そして再来年の長井でも同じ方向に行くと思います。

「長井の大会よかったね」と言って頂けるような大会を目指して今から準備がんばります!!

2012.09.25[理事長ブログ]

東北青年フォーラムin奥津軽五所川原に参加してきました。

東北青年フォーラムin奥津軽五所川原に参加してきました。:画像

8/31〜9/2、青森県の五所川原市に行ってまいりました。
例年行われている東北青年フォーラムですが、今年の開催地は青森県の五所川原市です。

8/31は地区役員会議にオブザーブさせていただき、2014年度の開催地が決定する場面に立ち会うことができました。
そして9/1、9/2はセレモニーやフォーラムが行われ、今年度の東北地区協議会の基本方針、〜新東北の再建は我々青年の仕事である〜を改めて感じる機会となりました。

今年の開催地となった五所川原市は過去に2回の大火に見舞われながらも最後まであきらめず、不撓不屈の精神で復興を遂げています。今では立佞武多で有名な五所川原ですが、これも幻になっていた80年前のねぷたを地元の有志が復活させた物です。この立佞武多は毎年新作を作っていくそうですが、写真は今年に製作されたもので、テーマが「復興祈願・鹿嶋大明神と地震鯰」だそうです。地震を抑える要石を担ぎ上げ、なまずを制する鹿嶋大明神。実際に間近で見ると本当に大きく迫力があります。そして背中には大きく復興祈願の文字がありました。

五所川原JCの今理事長のあいさつの中でもありましたが、今年五所川原で行われるのは偶然ではなく、必然であると感じます。五所川原の人たちの決してあきらめない不撓不屈の精神、少しでも自分に、そして地元長井・西置賜に持ち帰りたいと思います。

2012.09.05[理事長ブログ]

サマーコンファレンス2012に参加してきました。

サマーコンファレンス2012に参加してきました。:画像

毎年、横浜の地で開催されるサマーコンファレンスに参加してまいりました。
今回は日本JCの理事会・ブロック会長会議にもオブザーブするため開催前日の7月20日から参加です。
オブザーブとはいえ、名前を呼ばれて紹介される場面があったので、若干緊張しましたね。

そして7月21日、いよいよサマコンの開始。

前から6番目くらいの席に陣取ってオープニングセレモニーとメインフォーラムを聞いてきました。
東京都の猪瀬副知事の

『乳母車に犬を乗せているのに違和感を感じる・・・』

なんて発言もあり、この日本という国の行く末はどうなるのだろうといろいろと考えさせられるフォーラムでした。

その他、様々なフォーラムに参加し、2日目の閉会後には横浜港を散策。
横浜港に係留されている『氷川丸』を見学して、帰路に着きました。
個人的に『氷川丸』を見学できたのが、すごく良かったですね。

戦前に貨客船として建造され、アメリカ西海岸シアトルとの航路で活躍。
大戦中は病院船、戦後は復員船として80年に渡り日本と日本人を見てきた氷川丸。

横浜港に静かにたたずむ彼女にとって、日本の未来はどのように映っているのでしょうか。

2012.07.26[理事長ブログ]

第45回山形ブロック会員大会新庄大会

第45回山形ブロック会員大会新庄大会:画像

7月8日、新庄の地で行われた山形ブロック会員大会に出席してまいりました。

本年は、「結」〜人を結び 「やまがた」を結ぶ ここに集えし最上(さいじょう)の仲間と共に〜をスローガンにして、県民に開かれた大会となりました。

例年だと、メンバーのみの大懇親会が地域活性たからいち〜やまがた17魂祭〜と名を変え、地域のたからブース、やまがた祭りの祭典など、一般の来場者にとっても魅力的な大会でした。

やまがた祭りの祭典では、村山市の『むらやま徳内まつり』や、上山市の『かせ鳥』、酒田市の『酒田まつり』、鶴岡市の『天神祭』、新庄市の『新庄まつり』、尾花沢市の『花笠まつり』などなど、山形県内のお祭りが一同に会しました。

そしてもちろん、長井からは黒獅子!
総宮神社さんに協力を頂き、今回実現することができました。
本当にありがとうございました。


徳内まつりの勇壮かつ華麗な踊りも、酒田まつりの迫力ある山車も、こどもが喜びながら水をかけてたかせ鳥もみんな魅力的だったし、本場のまつりを見に行きたいって思わせるような内容でした。
こんなにたくさんの魅力が詰まった『やまがた』っていいな〜と改めて感じます。

また、遠い新庄の地で見る『おしっさま』は本当にかっこよかった。。。
威厳のある立ち振る舞いと、響き渡る歯打ちの音。
改めて地元の『誇り』を感じました。

来年のブロック会員大会は寒河江市で開催です。
同じような祭りの祭典を行うかはまだ未定ですが、来年も非常に楽しみですね!

2012.07.10[理事長ブログ]

『みんなで灯そう 夢灯〜2012絆〜』を開催致しました。

『みんなで灯そう 夢灯〜2012絆〜』を開催致しました。:画像

このあやめ公園を会場に、夢灯を開催して今年で4年目となります。梅雨の時期ということもあって、当日の天気を心配していましたが天気予報では降水確率0%!途中でパラパラと雨が落ちてきましたがほとんど問題ありませんでした。今年は晴れ男か晴れ女がいたのかもしれませんね。

当日はこどもたちの夢や願いを描いたろうそくランタンを中心に約3000基を設置しました。ひとつ、ひとつのロウソクの灯りは、小さな灯ですが、それぞれが繋がり、この公園全体を照らす、大きな灯となります。それと同じように、子どもたち一人ひとりが描いた夢や願いというものが地域の未来を明るく大きく照らしていくのではないかと感じました。

 
ろうそくランタンのほかにも、ルクプルの藤田恵美さんをお招きしてのOMOIYARI音楽会、ミニSL乗車体験など子供たちや大人たちがたくさん、あやめ公園に足を運んでくれました。今年は例年以上の来場者があったのではないでしょうか。事前準備、当日の運営等、スタッフとして協力頂いた全てのみなさまに感謝申し上げます。

ただ運営の部分では、一部不手際もありました。楽しみにご来場されたみなさまには大変申し訳なく思っております。今年で4年目となり、市民の皆さんの認知度も上がり、今まで以上に期待されてきていますので、今後しっかりとした引継ぎをしていかなければならないと感じています。

2012.06.26[理事長ブログ]

長井小学校 PTA理事・評議員会

長井小学校 PTA理事・評議員会:画像

今年は長井JCで理事長をさせて頂いておりますが、
長井小学校のPTA副会長もさせて頂くことになり、昨日は理事・評議員会に出席してまいりました。
4/29にPTA総会があり、それに向けての活動方針・活動計画の協議という内容でした。

開会に先立ち、熊野校長先生よりありましたが、今年度は昨年より約30名少ない728名の児童数だそうです。
校長先生が赴任してきた数年前は800名を超えていたとのことで、少子化が進んでいるとのお話でした。
私が小学生の時は一学年で6クラスありましたが、現在は3〜4クラスしかない状況ですので、子供は少なくなっているのは私も実感しています。

また昨日は京都で小学生が犠牲となった痛ましい事故がありました。
開会のあいさつで後藤副会長がこの事故に触れてお話されていましたが、同じ小学生の子を持つ親として、なんともやりきれない気持ちでいっぱいです。

今年はJC活動はもちろんですが、PTAの方でもできる限りの活動をしていきたいと思います。

2012.04.24[理事長ブログ]

社団法人八戸青年会議所の皆さんが訪問されました

社団法人八戸青年会議所の皆さんが訪問されました:画像

本日は社団法人八戸青年会議所の皆さんが、遠路はるばる長井までいらっしゃいました。

2015年の全国大会の誘致を目指し、東北の全てのLOMに訪問し、お願いしてまわっているとの事でした。
残念ながら2015年には私は卒業しており、八戸に行くことはありませんが、ぜひ誘致を成功させて東北の希望になって欲しいと思います。

長井の次は南陽、高畠、米沢に行くということで慌しく長井をあとにされましたが、
「長井っていいところですね」と言っていたのが印象に残っています。

今日は天気がよいこともあって朝日連峰、飯豊連邦がとてもきれいでした。
いつも見慣れている景色も見る人によって印象も違うんでしょうね。

2012.04.12[理事長ブログ]

東日本大震災から一年

東日本大震災から一年:画像

盛岡市で開催された復興創造フォーラム、合同慰霊祭に参加してきました。
震災がれき、放射能、まだまだ問題は山済みですが、
犠牲になった方々のためにも、我々が何かしなければなりません。

ちょこっと 日本の未来を考えてみる
ちょこっと 自分の知らなかったことを調べてみる
ちょこっと 他人の事に目を向けてみる

なにか大きなことをやらなくてもいい、
小さなことから、できることから、ちょこっとずつでも
私たちが変われればいいのではないかと思います。

2012.03.12[理事長ブログ]

長井ロータリークラブ例会

長井ロータリークラブ例会:画像

昨日、長井ロータリークラブの例会にゲストとして参加、卓話をさせて頂きました。
長井青年会議所のOBの先輩も多くいらっしゃるなか、非常に緊張しましたが、長井青年会議所の今年の方針、事業などをお話させて頂きました。

私たちの活動は、自分たちだけで行うのではなく、様々な団体、個人、地域の方々と共に行ってこそ、意義があるものだと思います。

これからも情報発信できる場があれば、どんどんPRしていきたいと思います。

2012.03.07[理事長ブログ]

未来に備える 防災・減災プログラム

未来に備える 防災・減災プログラム:画像

2月24日、上山市で行われた山形ブロック協議会復興支援委員会の公開委員会に行ってきました。
日本JCの委員会をお招きし、防災についての話を聞いた後、
グループに分かれて防災マップを使用した災害図上訓練(DIG)を行いました。
洪水でここまで水がきた時、どうしますか?
どこに避難したらいいですか?
ヘリコプターはどこに着陸させますか?
災害ボランティアセンターはどこに設置しますか?
みんなで議論をしながら決めていきます。

長井青年会議所でも数年前に例会でDIGを行いましたが、
災害が起こったと仮定していろいろ考えるのは勉強になります。

でもやはり一番大事になるのは、普段からの人と人との繋がりだと思います。
青年会議所、行政、社会福祉協議会、などなど普段から顔の見える関係が、
いざ!っという時に活きてくるのではないでしょうか。

2012.02.25[理事長ブログ]

会頭公式訪問

会頭公式訪問:画像

2月22日、天童市で行われた会頭公式訪問に行ってきました。
 
気持ちのこもった井川会頭の話もそうですが、他の青年会議所の課題などを聞く事ができ、非常によい機会だったと思います。私自身勉強になりましたがし、なによりもまず、自分ががんばらねば!っと気持ちが引き締まりました。

2012.02.23[理事長ブログ]

第4エリア公式訪問

第4エリア公式訪問:画像

山形ブロック協議会ブロック会長第4エリア公式訪問が開催されました。

米沢、長井、南陽、高畠のそれぞれの青年会議所のメンバーが山形ブロック協議会の今年の活動内容・方針を知り、共有していく場で毎年行われています。

今年の会場である、長井市は、約300年前、最上川舟運の港町として栄えた、商業都市でありました。
その当時、自動車も鉄道もない時代において、交通の基幹となるのは船を使った舟運であり、この山形県においては、最上川がその大動脈でありました。酒田から最上川を遡り、米沢に至るルートの最終地となるのがこの長井で、いわば米沢藩、置賜地方の表玄関として機能していたと言われています。この舟運により、他の地域と、様々な特産物・物資の行き来があったと思いますが、それだけでなく、人の交流や、他の土地の文化、考え方なども、この長井から置賜へ伝わっていくこともあったのではないかと思います。

今回の公式訪問では、柴崎会長から日本青年会議所、委員長からは山形ブロック協議会の活動内容・方針が発表されました。委員長さんは緊張されていた方もいたようですが、
かつての舟運のように、この長井の地を玄関口として、置賜の全てのメンバーへ想いが伝わったのではないでしょうか?

このあとは懇親会も行われました。
ここで私があいさつをする場面がありましたので、理事長所信で引用した中国のことわざを紹介させて頂きました。

君と一夕話 読むに勝る十年の書
「十年かけて勉強したり、読んだ書物より、君と一晩語りつくしたほうがずっといい」という意味です。

一人で考える、勉強することも大事ですが、人と会い、人と語り、人から刺激を受けることも大切だと思います。そして、そのように思える仲間を持つ事は一生の宝であると思います。参加された皆さんはいろいろな人との交流の中から、どんな刺激を受けたでしょうか?

懇親会の後は、2次会、そして締めの3次会でラーメン・カツカレーと続きましたが、最後までお付き合い頂いた皆様、大変お疲れ様でした。

2012.02.18[理事長ブログ]

公益社団法人への登記

公益社団法人への登記:画像

新年あけましておめでとうございます。

2012年度、長井青年会議所の理事長をさせて頂くことになりました吉田重成と申します。
昨年はいろいろと大変な年でしたが、今年は明るい兆しが見えるような一年となるように活動していきたいと思います。

さて長井青年会議所では、数年前から公益社団法人への移行の準備を行ってまいりましたが、昨年12月に県より答申を頂き、今年から公益社団法人として新しいスタートを切る事になりました。

1月4日の午前中に山形市の法務局へ行き、資料を提出してきました。
いままでの準備を考えると感慨深いものがあります。

社団法人から公益社団法人となったことで、私たちの活動内容が大きく変わる事はありませんが、いままで以上にしっかりと私たちの住む地域のために活動していきたいと思います。

2012.01.05[理事長ブログ]